Search
Calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
頑張った!

一生懸命、本当に一生懸命に練習しているのに、なかなかステップが踏めず、落ち込みながらもそれでもあきらめずに頑張っていた生徒。

昨日のレッスンで驚くほど変化が出ていました。

良く頑張ったと思います。

何事もと一つ一つ着実に積み上げて初めて出来上がっていくもの。

自分が出来ないことから逃げてしまう人がほとんどのフラのステップ。やはりそれくらい難しいものですが、さすがです。よくやり遂げたと思います。

 

まだまだこれから直していかなくてはいけないところが沢山ありますが、それができるところまで持ってくることが出来ました。

 

E Piliでヒューイットさんが実際にステップを踏んで教えてくれたこと。

そこまで後1歩です。

そこまで出来て初めて「アイハ」をすることができます。

力を入れるところもはっきり分かったはず。

アイハをすることで、もっと優雅に腰が揺れることを実感できたかと思います。

それは腰を振っているのではなく、身体の使い方で自然と揺れる動き。

 

これができて初めてモーションと合わせていくことができます。

 

昨日の堺クラスでも30日に堺のイベントで踊る「'O 'Oe No Paha Ia」のステップの強化。

モーションは本来このように動かすのだよという事を教えていましたが、ステップはやはり難しいから・・・と私が避けていましたが、かなり踊れるようになってきていたので、ここがもう一段階レベルアップできるようにと教えることにしました。

 

フラに一番大切なこと、それが今までハンドモーションだけだったので、モーションとステップが合いにくかったようですが、ステップを直したことで、踊りやすくなったようです。

 

それほど大切なステップ、後もう1歩の人たちもガンバレ!

 

そしてスーパーキッズ達、

後イベントまで何日もないけど、後1曲新しい曲を練習。

イベントで踊ります。

唯一ハワイのハラウで行われているように、ノートを取らないで直接身体で覚えていくスタイルのレッスンを取り入れているスーパーキッズ達。

Kumu Hinaスタイルでいきなりステップもモーションもどんどん踊っていってしまうまさしくハワイスタイルのレッスン。

 

スーパーキッズ達だからこそできるレッスンですね。

ノートに取らないと覚えられない大人たちとは違い、頭が柔らかい・・・・。

 

Kahikoのチャントもいつの間にか最後まで言えるようになっていました。

始めて、Nohoでイリイリを使ってのKahiko。

最初はイリイリを飛ばしながらだったけど、それもほぼなくなり、どんどん上達するみんなに脱帽です。

posted by: chica | hula | 11:16 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
裸の王様
凄い台風でしたね。
我が家も停電、断水がありましたが、まだ早くに回復した方でしょう。
もっと大変な所もあるようです。

レッスンも他の日に振り替えたり、変更したりで、ゆっくり出来るかなと思いきやとんでもなかったですね。

先日ハリケーンの被害にあったハワイ島からもメールが届きました。
ハワイ島はやっとハワイらしい天気になったけど、またハリケーンがきてるとか。
今年はどこも多発しているのかな?
1日も早く皆が日常を取り戻せますように。

さあ、また大きなイベントに向けてのレッスンです。

先日もウクレレの師匠と話しました。
何事も自分のものにするには、コツコツと積み上げていくしかないけど、なかなかそれが出来ない人が多い。
上部だけを見て、自分にとって甘い言葉だけに喜び、嫌な言葉を拒否すると上達はない事。
裸の王様になってしまいますね。と
生徒には褒め言葉には気をつけてと言っています。
自分を見失ってしまうから。

厳しい言葉をかけてくれる人こそ有難い。
自らを振り返れるから。

それが成長につながります。
posted by: chica | hula | 05:10 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
なんだかなー
日本のフラは何処に行くんだろう。
昨日あるホイケで気持ちが暗くなりました。
たしかに楽しければ良いのかも知れませんが、教える人がやはり基本は分かっていないと、教わる生徒も可愛そうだし、それがフラと信じてしまうのも可愛そう。
それを見た人があーこれがフラなんだと思ってしまう事も悲しい事。

フラのステップをきちんと教えるために生徒たちも私も今大変な思いをしていますが、やはりそこで邪魔になるのは膝曲げて腰を振ってーの日本式フラの洗脳。

本来のフラのステップが踏めるようになってくると、日本式フラのおかしさに気付いています。

モーションも同じ事。

そこには思い切り悲しい現実がありました。

ハワイの人と同じ様に踊れるようにと、本当に大変な思いで教えています。
もっと簡単に教えたら楽チンだろうなと思います。

でも、もしそうしたら昨日私が感じたおもいと同じことを見ている人に感じさせる事になり、生徒たちがかわいそうな事になります。

難しいけれど、一粒でもふた粒でもきちんとしたフラの種をまきたいと思います。
posted by: chica | hula | 09:30 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
一つ一つが・・・

ひとつの目標だった、E Pili Kakou。

ハリケーンで日本に来れなかったKumuとはメールで連絡を取り、10月に会えるかな?

「私もそれをのぞんでいるわよ!」とKumuからの嬉しい便り。

そして、お世話になってKumuにも相談のメールをしたら、一度話をしましょうとの返事。

 

Kumuの半分が来れないという異常事態のE Piliでしたが、その代わりにプログラムにはなかったクムからKahiko。

そしてずっときちんと習いたいと思っていた曲を習えることが出来ました。

 

そしてピンクリボンの音源も次々に送られてきます。

東京のアーティストは長年プロとして活動されている方々ですから素晴らしい音源を送ってきてくださっています。

当日生で踊るのが本当に楽しみです。

今日はウクレレのレッスンへ。師匠率いるKuponoさんとは直接に流れの相談。

 

5月から行ってきたステップ改造計画も、出来てきている人が一人、二人・・・と。

後約2ヶ月でどこまで持っていけるかわかりませんが、ステップとモーションのつながり、両方が出来てこそのタイミング。

これぞフラという踊りが出来上がっていく生徒達を見るのは嬉しい限りです。

 

 

 

 

posted by: chica | hula | 23:59 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
エピリ2


エピリカコウ無事に終わりました。 もうどうなるか心配だったホイケパフォーマンスも大成功でした。 今回参加した人達はフラは伝えるもの、自己満足で踊らないでという事、其れを大切にと話していた事をちゃんと実行してくれました。 クムの目に涙が溜まるのを見て、実感してくれたと思います。 貴重な体験でした。 ワークショップも其々クムからの学びも多かったと思います。 今回参加してくれた皆んなお疲れ様でした。 パフォーマンスの後何人もの方に素晴らしかったと声をかけていただきました。 帰りにはクムがアメージングとビッグハグをしてくれました。 心が繋がったよと。
posted by: chica | hula | 21:07 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
エピリ
台風の後遺症で富士山は無理かなと思っていましたが、綺麗な富士山を見る事が出来ました。


1度ホテルに荷物を置いて会場に。
行ってみると、ハリケーンの影響で何人かのクムが来日出来ず、プログラム変更を余儀なくされました。

でも、日本にいらしたクムロエアが急遽日程を変更して教えてくださる事に。
思いもかけずカヒコと沢山のお話を聞く事が出来ました。

千葉駅前の交番はなんでこの形なんだろうと思いながら


ホイケへ。
クム達との交わりや、クムノエラニの追悼。

皆んなのパフォーマンス
楽しい時間でした。



そして10月の音源が届きました。
アグネス木村さんの歌で踊らせてもらいます。

posted by: chica | hula | 23:20 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
ステップ改造計画

皆の協力で、ステップ改造計画もかなりの人が分かりかけてきた模様。

 

生徒達にとっても、私にとっても本当に大変な数か月でした。

日本のフラのステップと、ハワイのフラのステップの違い。

 

去年、皆が受けたコリーン・アイウさんのワークショップで「背中を反らせない、背中を真っすぐに」と何度も言われた事。

それがどういう事だったのか・・・・・やっとわかったようです。

 

あともう少し。

 

10月のイベントでは、サーカスのメンバーだった二人が新たに作ったグループ「2Voice」の歌で踊ることができます。

どのような音源がくるのかとても楽しみです。

 

どこまでレベルアップできるか。

さあ、頑張りましょうね。

posted by: chica | hula | 22:02 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
ステップ改造中

暑い夏、その中で、ステップ改造。皆本当に大変だと思います。

今ステップ改造に臨んでいる10名でもその中で半数以上の人がコツをつかみ、少しずつできるようになってきています。

本当にどうやって教えたら理解できるか、悩みに悩んだ数か月でした。

 

何より日本のフラの洗脳のすごさにただただ驚くばかり。

膝の事は考えない!使わないし、忘れて・・・・と何度言っても。「この時膝はどうなってますか・・・・?」の質問「だから・・・・」

自分で腰は振らない・・・と何度いっても自分で腰を振るから正しいステップが出来ない。「だからだめなんだよ!」といっても、頭では分かっていても、身体が勝手に動いてしまうらしく・・・・。

何より大切なのはお腹、そして背中は反らないで力を抜いてお尻突き出さない・・・・・なんど言ってきて事か・・・・

背中を反らして踊る癖のついている人はそれはそれは大変。「背中の力を抜くってどういう事?」

 

私が注意することを今まで聞いたり、ほかの教室で教わったりしてきたことに当てはめていくからどうしようもない。

私が注意していることはそういう事と真逆のことだから。

 

今まで徹底して教えなかったのはこれをやりだすと楽しくなくなるから。

皆に楽しんでもらうゆとりを残しておきたかったから。

でもハワイの人たちのように、先生のように・・・という希望があったので、今回大きなイベントのお誘いを受けたのを良い機会に改造計画を実行・・・・やはりそれはそれはいばらの道でした。

 

洗脳は恐ろしい・・・・

でもその洗脳に打ち勝ってコツをつかめた人たちのフラがみるみる変わっていきます。

ステップ改造でためが自由にできるようになった人が、モーションとタイミングが合わなくなった・・・・と。

そう、モーションもこれから大切なところを教えていきます。

ステップが出来たからこそ、今までのモーションではだめだという事がわかったと思います。

 

フィギアスケートの羽生君も、ブライアンコーチに着いたとき、一からスケートの滑り方をやり直し、それが世界王者へ導いたことは明らか。

1から見直すことは本当に大変な事を教えながらに感じましたが、やはりハワイの人たちのように踊りたければそこは頑張らないとね。

 

10月の大きなイベントまでに、もう少しきちんとステップの踏める人が増えてくれたらいいのだけど・・・・

posted by: chica | hula | 18:48 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
本場のステップ3

「エ?これでいいの?」と出来た人が言うくらい本来のステップがきちんと踏めると、あまりにも自然すぎて皆びっくり。

 

身体の重心移動の仕方、それが分かれば簡単な事。

 

身体を振るのでもなく、腰を振るのでもなく、膝も前に曲げるのでもなく、内またでちょこちょこステップ踏むのでもなく・・・・

 

ただ日本の女性の大多数の人が前重心になっているから、そもそもの立ち方が前傾姿勢、それを姿勢よくするために腰を反って背中に力を入れて・・・・腰痛を起こすスタイルになってしまっています。

 

 

生徒達を見てもほぼ皆前傾。

それを足に対して真っすぐに立てるようにたち方の練習から始めなくてはいけません。

踵のどのあたりに重心を持ってくるか、どこに力を入れるか・・・などなど

 

きちんと立てば自然と身体の力が抜け、地球の重力を感じられるようになります。

そして後は踵の正しい場所での右から左そして右への重心移動だけ。

 

絶対に自分の意志で腰を振ったり踵をゆすったりしてはだめ!という事がまた皆には難しいこと。

フラ歴の長い人ほど腰降りダンスの洗脳を受けているから、本人は振ってないつもりでも揺れる揺れる。

 

少しずつつかめて来たかな・・・と思ったら、また後退・・・また私に注意されて前に進めたかな・・・と思ったらまた後退。

 

それを続け続けてやっとなんとかわかってきたかな・・・・

 

この立ち方、身体の使い方が身体がおぼえてくれたら、この先普段の生活も身体のためにはとても良いものだから

、皆がんばれ。

 

ヒマラヤに昇れとか、太平洋泳いで渡れとか不可能なことを言っているのではなく、人間の持って生まれた当たり前の動きを使えるようにしているだけだから、絶対に誰にでもできることです。

 

必ずできることに対してできないのは努力と工夫が足りないから。

そして素直に受け入れる気持ちがないより必要です。

posted by: chica | hula | 22:36 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
出来る人が増えてきました

私が皆に教えたかった、ハワイのKumuに「出来てるよ」って言ってもらった本場のステップ。

でも日本で踊られているものとはかなり違うので、踊れるようになるには大変な努力が必要になるから、楽しく踊れなくなるといけないと思い。

ポイントだけお話していました。

 

でも、今回大きな舞台に立つことになり、生徒の方から「先生のようなステップを踏んで踊りたい」という要望があったので教えることに。

 

ハワイと日本のステップのあまりにも違う事に、正直ついてこれない人も出てくるんだろうな、というか、今まで「私は何年もやっていて上手だから」という人に限って、このステップを踏むことをできないから否定してきたのでどうなりますかと思っていましたが、ほとんどの人が絶対にできるようになると必死で練習してくれています。

私も、床にはいつくばってどうすれば皆ヒントをつかんでくれるかと、「これをやってみて・・・あれをやってみて・・・」というのですが、なかなか思うように進まず、でも頑張っているみんながいるから私が諦めるわけにもいかないので頑張ってます。

 

皆もこれでどうですか?と夜中でも動画をどんどん送ってきてくれるから、睡眠不足になりながらもそれにもコメントを入れたり、

でもその動画に皆に意欲が感じられて嬉しかったりしています。

「皆がこのステップで踊れたら本当にきれいでしょうね・・・・。そのために頑張る!」と、生徒の言葉。

 

必ずフラを踊っていくうえで自分の財産になりますからね。

私は種をまくだけですが、出来るようになった人がまたその種を育ててくれたら、日本のフラも少しずつ変わっていくかも・・・・無理かな・・・・

 

昨日はハワイの人たちのようにステップが踏めるようになるためにまだ出来ていない2人に集中レッスン。

本当にこんなに苦労するなんてみんな思ってなかったでしょうね。

ちっとも難しいことではないけど、日本のフラのイメージ、普段の生活で身に着いた身体の使い方、それらを払拭しながらなのでもう頭パニック状態の中頑張って練習しています。

涙を流しながら、でもやはり悔し涙に波を食いしばってできるようになった仲間に手伝ってもらいながら何時間かの練習の後には「ほら、それだよ・・・・」

まだまだ身体についていないので、身体がおぼえこむまでの努力が必要ですが、また素敵なフラを踊れる人がふえました。

 

重心をどこに置いて立つか・・・そこまではできるのだけど、そこからが大変。

皆なんとか腰を横に振ろうと自分の意識、力で振ってしまう。

そうじゃないよ・・・といっても「たって横に振るのでしょう・・・・」きっとそう思っているでしょうね。

そして横に振るんじゃないという事を身体が分かってくれるまでが大変。

 

ちゃんと立っているつもりでも膝が前に曲がってしまっている人の膝を真っすぐにするのがこんなに大変だとは・・・

 

そして、兎に角自分でなんとかしようと身体に力がはいってしまう。

力抜いて、どこにも力使わないからといっても力の抜き方がわからなかったり、お腹全体で身体を保つことも、どうやって支えたらいいのかわからない・・・・。

ひとつひとつ、ああでもない、こうでもない、階段をゆっくりゆっくり上るように色んな練習方法を考えて皆の努力をすごいものです。

一番簡単なのはきっと赤ちゃんに戻る事なんだろうなと思います。

自分の意志で動いてるのではなく、正しい重心の移動の仕方さえわかれば後は身体のもつ自然な動きが腰を揺らしてくれるし、ダウンアップも非常に簡単なものになり、身体にとてもやさしい、そしてためをしっかり持たせられる優雅なステップが踏めるんだけどね。

 

出来た人は、出来るようになったら本当に自然に身体が動くし、どこにも負担がかからないし、でもやってることはとても単純なことなのに、なんでこんなに苦労したんだろう・・・・って。

 

人間大人になって賢くなると色々自分で何とかしようと試行錯誤、それがよくないんだね。

 

 

posted by: chica | hula | 10:41 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |