Search
Calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
サクラ

暖かくなったり、寒くなったり気候が落ち着きませんが、サクラの季節はすぐそこまで来ているようです。

今日のお花のお題はサクラの自然描写。

「基本の形にとらわれずに」ということなので、こんな感じかな・・・・

サクラとバラが合うかどうかちょっと不安でしたが、春らしい感じになったかなと・・・

基本の形にするとこんな具合。

いつも珍しい、とても生き生きとしたお花を準備してくださっていて、その中から好きなお花を選んでいけることができます。

プライベートレッスンで一人一人丁寧に見れ貰えるのに、とってもリーズナブルなお値段のレッスン料にもびっくりです。


お免状を頂けるコースで基本からじっくり学べる事はありがたいこと。

そして何よりその大切さをかみしめています。

夕方はカトリック仁川教会のミサへ。

四旬節第5主日。

そして、長崎での信徒発見の祝日。

そのことを今色々調べているので、今年は特別な気持ちでこの日を迎えています。

長崎のキリスト教の歴史を見ていくことは日本の歴史を見直すことにもなり、とても興味深いものです。

そして今年の復活祭は4月1日。

ハワイで行われるフラの祭典メリーモナークと復活祭が関係のあることを日本のフラにかかわる人のどれくらいの人が知っているのか・・・。

上っ面だけでなく、何事もその意味を知り、理解することが大切ですね。

posted by: chica | hula | 23:59 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
素晴らしい一日

何十年振りか・・・甲南女子大時代の仲良し8人が集まりました。大学教授になっている人、高校教師を定年まで続けた人、孫のお世話に奔走している人・・・・それぞれの長い人生が一瞬のうちに起こったよう。
皆の懐かしい場所芦屋のおいしい日本料理屋さんでの落ち着いた雰囲気で楽しいおしゃべり・・・時間はあっという間に過ぎました。
大学の公開講座に行く約束、そして来年の冬は一泊で温泉に行く約束をし、私がホテルの手配をする約束をして別れました。

準備もまた楽し・・・です。

そして帰りにカトリック仁川教会のミサへ。

コルベ神父のフランシスコ会の教会。

落ち着いた中でのミサ。


素晴らしい一日になりました。

posted by: chica | Happy・・・・ | 23:59 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
ブラブラ

神文学散歩で今日は御影へ。

御影の駅に降り立つのは何年振りだろう・・・震災後初めてかも。

駅は変わりましたが、そのほかは昔の面影のまま。

今は芦屋がお金持ちの町で有名ですが、芦屋は浪花の商人の人たちが集まった町。

本当の古くからのお金持ちの町はこの御影。

大林組、朝日新聞、武田製薬・・・・などなど皆が知っている名前が並びます。

そして細雪の舞台にもなっているところ。


中学・高校時代の友人のこのあたりにたくさん住んでいたので、そのころは遊びに来ていました。

本当に久しぶり。

 

そして最近有名になっている弓弦羽神社もこの駅のすぐそば。

名前が一緒というだけで有名になっていますがここはフィギアスケートとは全く関係のないところ。

ヴィッセル神戸やなでしこジャパンなどサッカーに縁のある神社です。



 

絵馬をみても「金メダルおめでとうとか、「感激をありがとう」とか・・・絵馬の意味分かってる?

 

というようなものが沢山。

 

坂の神戸を利用した水車の名残がまだ残っている場所やお屋敷街を抜け白鶴美術館へそして住吉川沿いをぶらぶら〜。




住吉川の上流、住吉霊園に両親のお墓があるのでここはいつも車で通るところ。

そこを歩くとまた違う景色が見えてきます。

 

昔冒険ごっこで遊んだシーメンス事件で有名なヴィクトル・ヘルマンが住んでいたヘルマン屋敷も今は住宅街。

懐かしい場所です。

最後にバブル期の象徴のようなマンション「オーキッドコート」内にあるチャイニーズレストランへ

「オーキッドコート」の画像検索結果

 

おいしいランチを頂きました。




 

そして一緒に参加した人の中に甲南女子大の後輩がいらして仲良しに。

同窓はいいですね。

 

 

posted by: chica | hula | 23:57 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
イリイリ

今日から新しいKahiko Nohoスタイルのイリイリを使うKahikoのレッスン開始です。

1時間ほどNohoの状態でレッスン。

まずは皆がチャントをするのでその練習。

そしてNohoの時の身体の使い方・・・などなど

やはりKahikoは大切、フラはどこの筋肉を使って踊るか・・・・

滑らかなモーションになるようにするにはどこをどのように使わなくてはならないか・・・

Kahikoでこそ練習できること、Kahikoは大切ですね。

其のあとのAuanaの練習はみんな太ももがくがく状態。

とりあえず「'o'oe no paha ia」を最後まで教えました。

一つ一つの動きが難しい上にタイミングを取るのが難しいモーションをつけているのですが、とても勉強になると思いますから次回から一つ一つの動きを丁寧に練習していきましょう。

スーパーキッズクラスはイベントに向けての練習。

Kahikoはほぼ踊れるようになっていますね。

全部で4曲、みんな頑張っています。

今日は一つ課題を作っての練習。それぞれに気を付けて練習してくれました。

posted by: chica | hula | 22:23 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
イプへケ

フラを習ううえでハワイでは何よりKahikoが大切。

Kahikoがきちんと踊れるようにならないとアウアナを教えて貰えなかったり、踊れて当たり前。

今までKahikoを教えてきましたが、イプへケも教えて貰いたいという希望が出たので、

今日から新たにイプへケの練習が始まりました。

難しいね。叩けばいいってもんじゃないからね。

「叩いちゃいけない」そのコツは・・・身体に覚えさせるまで地道な努力です。

結局はフラとおんなじどこの筋肉を使うか、腕や手に絶対に力を入れてはだめ。

いつか生徒達のイプへケでKahikoを踊るのが私の夢です。

皆頑張って練習するんだよー。

生徒達の練習用のイプへケ。

皆にかわいがってもらっています。


posted by: chica | hula | 22:47 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
次のkahiko

Facebookのコミュニティーにも書きましたが、Facebookやってない方へ業務連絡ですよー

 

次のKahikoはNohoスタイルでイリイリを使って踊る曲を教えようと思います。

久しぶりのイリイリですからちょっと触っておいてください。

またNohoスタイルも久しぶりですから、クッションになるものをもってきてくれてもいいです。

最初は大変だと思うので、すこしずつ慣らしていきましょう。

 

Nohoスタイルということはチャントは誰がするのでしょうか・・・・?ね!

 

posted by: chica | hula | 23:24 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
楽しかった

お安く借りれる自治会館を借りて、なかなか会えない生徒達が集まっての練習会。

 

今回が2回目で1時間半でベーシックと1曲仕上げるというハードな内容にかかわらず、皆本当に楽しく過ごせるレッスン。

今日もUPテンポの曲をワイワイ言いながら仕上げました。

 

「楽しかったー、また今度やりましょうね・・・・」

皆がそういって帰ってくれることが本当にうれしい事。

次回、教えた曲の復習できるように練習しておいてね。

 

勘違いしていない人たちのフラは本当に楽しい!

 

なんでこんなに勘違いフラが多くなるのだろうかと、とっても残念に思います。

posted by: chica | hula | 22:43 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
長崎の旅

今日はレンタカーを借りて黒崎地区へ。

禁教時代250年もの間信仰を持ち続けた地区の事を詳しく調べられている方に色々教わる事に。

2時間ほど、私が今まで調べたこと、気になったこと、質問などをする予定でしたが、隠れキリシタンの重要な場所、教会巡りを一緒にして下さました。感謝!

「隠れキリシタン」あまり良い言葉ではないと思いますが、潜伏キリシタンから復活せずに潜伏時代の信仰を守り続けている人たちの事を言います。禁教時代にクリスチャンであることを隠していた人たちの事ではありません。

明治6年に禁教令が説かれてからの呼び方です。

ここには本当に深い歴史が詰まっています。

そしてなぜ復活しなかったのか・・・その中に日本人だからこその理由を垣間見ることが出来ます。

 

黒崎地区の枯松神社や「三度、樫山(赤岳)に巡礼すれば、一度ローマのサンタ・エケレジア(教会)に巡礼したことになる」といわれる赤岳にある樫山地区の皇太神宮など神社の形をとりながら殉教者を祀っているところ、そして樫山地区にある「天福寺」は潜伏キリシタンであることを分かっていながら檀家として受け入れ守り続け、今でも潜伏キリシタンの展示物を置いているお寺。これらの場所は絶対に行きたかったところです。

信仰をもつ者への配慮、今に続く代々のご住職のその懐の深さに感激するとともに感謝します。

「隠れキリシタンの隠れ蓑の寺として
三百二十三年の間
寒苦を共に分ち合い生きてきた。
檀信徒の信仰という糧により
今ここに福聚殿という花が咲き
そして実を育て次の世代に
相続出来る喜びを共に分かち合いたい。
そんな意味に受け止めて頂ければ幸いです。」

 

天福寺に記されています。

天福寺は曹洞宗のお寺、曹洞宗のお寺が潜伏キリシタンをかくまった例が多いとか・・・

曹洞宗の大本山 永平寺にも関係するとか・・・・これも調べていけば面白そうです。


 

行ってみたかったけれど、1人ではとても行きつけなかったドロ神父の作業所、隠れキリシタンの墓地、小さな小さな牧野教会や樫山教会。


雨の中を「あそこも見ましたか?ここはどうですか?」と結局4時近くまで6時間余りも付き合ってくださり、本当に素晴らしい旅になりました。

 

色々お話している中で、私の中で悶々としていたものが少し解けたような気がしてきました。

 

そして、長崎空港へ向かう途中に行きたかった本河内教会へ向かいました。

アウシュビッツで死刑を宣告された人の身代わりになって殺された「コルベ神父」が日本にいた時代に開いた教会です。

コルベ神父の遺品やその人となり、そして永井博士とのつながり・・・などなど。





そして、一番行きたかった本河内のルルドへ。



今回は小峰のルルド、本河内のルルドと2か所も訪ねることが出来ました。

まず日本のルルドをめぐり、そしていつかはフランスのルルドを訪ねたいものです。

教会でお祈りをして帰りたいと許可を得ようと受付に向かっていたら、神父様が歩いてこられたのでお願いをして堂内に入れて頂きました。


私の所属教会を聞かれて、神父様は「仁川教会にいましたよ。」と懐かしんでくださいました。

 

コルベ神父にしろドロ神父にしろ、このようなことをされる政治家が一人でも二人でも日本にいたらもっと違う方向に進むんだろうな。。。とつくづく思います。

 

雨の中でしたが、前回同様、今回も本当に中味の濃い長崎巡礼の旅になりました。

次は天草・島原に行きたいと思いますとお話すると、是非行ってみてください、勉強になりますよということだったので計画を練ろうと思います。

 

帰りの飛行機は気流の影響で大揺れ!

でもMinionジェットでした。



 

 

 

 

 

posted by: chica | Happy・・・・ | 23:18 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
長崎の旅
長崎はランタン祭りで賑わっていました、



長崎といえば

posted by: chica | Happy・・・・ | 21:34 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
長崎の旅
素晴らしく詳しい地図を握りしめて浦上崩れ巡礼へ。明日外海で現存する隠れキリシタンの方に色々教えて頂けるので、その前に浦上を訪ねておきたかった。長崎は坂の町、よく歩いた。














posted by: chica | Happy・・・・ | 21:29 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |