Search
Calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
ポーランド旅行記9-2
駅から直ぐにその教会は見えました。


私の通う教会の元になる教会です。
今回私が巡礼してきたそれぞれの場所に繋がるコルベ神父が作られた教会です。
門を入るとコルベ神父が手のひらにメダイを持たれて迎えてくれます。
メダイはカトリック信者には大切なもの。
コルベ神父はいつもメダイを持たれていて配られていたと聞きます。

そして対面するように聖ヨハネパウロ2世が。

とても大きな教会です。



教会でお祈りをしてコルベ神父の博物館を見に行きました。

ポーランド語、イタリア語、スペイン語、英語の説明なので、英語の説明で見ていきました。
一通り見たところで、そこにいらした神父様がポーランド語で色々話しかけてこられました。その神父様はポーランド語しか分からない方でした。 私は英語で???の中答えるというまさにおかしな状況になりましたが、そのご様子から、私に良いものを見せてあげるから一緒にいらっしゃいと言ってくださってるのだなと理解できました。

着いていくと、一般には公開されていないコルベ神父が使われた品々やコルベ神父のお部屋を見せてくださいました。
セキュリティがしっかりしたじょうたいで、守られている場所でした。

そしてコルベ神父が配られていたメダイを私にくださいました。
宝物です。
そして写真を撮ってあげますと何枚も撮ってくださいました。
こういう場所では写真は憚れるのですがありがたい事です。

その中の一枚だけ

コルベ神父と遺品と一緒に。
コルベ神父の胸の三角にPの印はアウシュビッツの収容者のレベルとポーランド人を表します。

その後、コルベ神父が最初に建てられたオリジナルの教会、そしてそこに行く途中、ゲシュタポがここのこの道を通りました。当時のままです。と話してくださいました。

この建物からコルベ神父や沢山の聖職者の方がアウシュビッツに連れていかれました。


コルベ神父が教会を建てられた時のオリジナルのマリア様

そして、聖ヨハネパウロ2世がポーランドを訪問された時に使われた車両が保存されていてそれも見せて頂けました。
一緒に撮りましょうと2台の写真とともに撮って頂きました。

本当にいいのですか?
何回繰り返したか分かりません。
ポーランド語と英語と日本語でこの間1時間くらいしっかり意思疎通が取れた事が不思議ですが、私はある聖書の場面を思い出していました。
聖書を読まれた方なら分かると思います。


帰りの電車では車掌さんがプリントアウトをしたチケットを見てよく分からない様子。
私は英語のチケットを持っていたので、彼はきっとポーランド語しか分からなかったのでしょう。
カードで支払った領収書を見せて、これも英語ですが、英語でお金は払ってるよと言うと分かったか分からないか分かりませんがチケットに刻印してくれました。

今までマイナスの気温ばかりで雪のちらつくポーランドでしたが、この日は0度で青空が。

でも、私がワルシャワに戻った頃から急変、寒くなり雪が降り出しました。
コルベ神父が私がニエポカラノフを訪れやすいようにしてくださったと思い感謝しました。
posted by: chica | Happy・・・・ | 07:51 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









この記事のトラックバックURL
http://blog.aloha-ke-akua.com/trackback/2353
トラックバック