Search
Calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
ポーランドの旅7-2
最初に訪れたのは、 私が全く知らなかった場所、アウシュビッツで殉教されたコルベ神父や聖職者の方々の為に建てられた教会、そしてその教会にあるアウシュビッツに収容され生還した画家のマリアン コヴォジェイが描いた収容所の絵を見に行きました。
マリアンは生還後長い間収容所のことは口にしなかったそうですが、年老いてから脳卒中を患いそのリハビリの為に絵を描き始め、生還した自分が後世にその残虐さをしらせなくてはと、多くの絵を残しました。 そして彼と彼の奥様のお墓もその教会にあります。 見学だけの予定が神父様が全て説明をしてくださいました。 神父様はポーランド語、そして知人が日本語、その中で足りない部分を御主人がポーランド訛りの英語でと3ヶ国後いりみだれての説明に予定より長い時間の滞在になりました。 前日に見たアウシュビッツの状況が更に詳しく描かれ、その絵が語りかけてくる状況に圧倒されてしまいました。 アウシュビッツとともに見るべき場所だと思います。

教会の外には6年間長崎で暮らし、活動されたコルベ神父を偲んで日本庭園とコルベ神父の像がありました。 今回の巡礼の旅に思わぬプレゼントでした。

posted by: chica | Happy・・・・ | 10:13 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









この記事のトラックバックURL
http://blog.aloha-ke-akua.com/trackback/2344
トラックバック