Search
Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
子供の踊る曲?

泉が丘でのイベント。

お天気も良く。日中は暖かくとても良いイベントでしたが、さすがに夕方は寒かったですね。

でも皆さん寒さに負けず、頑張って踊ってくれました。

今回デビュー戦のkeikiちゃんもまだまだ始めたばかりなのに、お姉ちゃんたちに負けず、イリイリも使えるようになり、難しいハワイ語のちゃんとも最後まで言えるようになり、'Ulili EやOli Alohaも立派に踊り切りました。

素晴らしいでデビュー戦でしたね。

グレイシャスの方々も野外のイベントは初めてのかたもいましたが、皆がんばってくれました。

楽しく過ごせて本当に素晴らしい一日でした。

Keikiのイベントもやっていたので、子供たちの参加がとても多かったですね。

皆楽しそうに踊っていましたが、何より気になったのはその選曲。

とても子供には踊らせてはいけない曲を踊らせているところがあり、びっくりしました。

「Noho Paipai」

その内容を先生が分かっていないのか、もし分かっていて踊らせたならそれこそ大問題なんだろうと思います。

ハワイの先生たちに習ったならこれは必ず子供には踊らせてはいけないという注釈が付くはず。

それは大変セクシャルな内容だからです。

大人が踊るときもパフォーマンスに使われるときは男性と女性が絡んで踊ったりする内容の曲です。

内容に問題がなくてもやはりその曲を子供が理解できるかどうか、それを考えて・・・とハワイのKUMUは言います。

大人にはとても良い内容ですが、それを子供がどこまで理解できるか、そこを考えなくてはいけません。

曲調と、格好がいいからとかそのような感覚で子供の曲を絶対に選んではだめだという事はフラの指導者なら一番気を付けなくてはいけないことです。

日本でよく子供が踊る「Ka 'Uluwehi O Ke Kai」日本語の訳は「海藻取りの歌」ですが、実は海藻は男の人。

いわゆる男あさりの歌です。

ハワイのKumuの振り付けはとてもセクシャルだったりします。

大人っぽく見せて踊らせるのはハワイのKumu達はやらないことです。

フラは何より内容を表現することが大切。

「Noho Paipai」を子供がどう表現するのでしょうか・・・・

何もわからず踊っている子供がかわいそう。ある程度の年齢になってその内容をしったらきっと恥ずかしく思う事でしょう。

posted by: chica | hula | 23:14 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









この記事のトラックバックURL
http://blog.aloha-ke-akua.com/trackback/2325
トラックバック