Search
Calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
簡単なものじゃないよ。

アメリカでダンス修行してきた人が日本に戻ってきて本場のダンスを教えようとしたところ、日本のものはアメリカのものとは違うもので教えられなくなったという話を聞きました。

また、ハワイのミュージシャンに教わっている人がその習ったことをきちんとシェアしようと思っても、「難しすぎる」「レベルが高すぎる」と言われてしまうという話も聞きました。

 

生徒達に少しでも本来のステップの踏み方を教えることの難しさ、今回本当に大変でした。

フラを踊るための筋肉がまず使えていない、使っていない、ついていない・・・・

その筋肉を使えるようにするためにああでもない、こうでもない・・・・。

自分の意思で身体を動かさない、身体の自然な動きを必要な筋肉で柔らかく動かせるようになるまでには地道な努力が必要。

でも器用な日本人は見様見真似の物まねをすぐにしてしまいます。

あるイベントで色々な人がフラを踊っているのを見ていて、腰を揺らすためになんと色々な方法があるのかと驚きましたが皆無理矢理膝を使ったり、身体全体を使ったり・・・・腰や膝を痛めて当たり前の踊り方をしていました。

私も先に書いた人たちのようにきちんとしたことを教えようとしても、それが伝わらないもどかしさを感じるばかりでした。

無理に本来のステップを教えて皆にしんどい思いをさせるのなら、日本式フラのステップでもいいのかなと思ったり・・・。

 

 

そんな中、堺クラスの生徒がメールをくれました。

 

私の教えるフラになかなかついていけないもどかしさととことん教えてくれる嬉しさとでレッスンがとても楽しいと、

負担になるようなら言ってねと伝えると、負担になることなど絶対にありえないと・・・

 

私が皆にきちんとステップが踏めるように、そして皆が私のように踊れるようになれるようにと思って必死で教えている気持ちを

しっかり受け止めてくれていることに本当にうれしく思いました。

 

去年1年はモーションのカウントの取り方、モーションのためにはどの筋肉を使うのか、などなど練習してきて流れるようなモーションができるようになってきているこのクラス。

本気でステップに取り組んでくれたら1年後本当に楽しみです。

 

私が今までハワイのKumuが認めてくれて来たステップ。

1人でも踊れるようになれる人を育てておきたい。

それだけのことを考えてフラを教えています。

 

バンドの方々が私のフラに添えるようにと考えてくださる、そしてその場の空気が変わったといわれる・・・、

そういう人を一人でも多く育てたい、この私のゆめをかなえてくれるかな・・・。

posted by: chica | hula | 22:04 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









この記事のトラックバックURL
http://blog.aloha-ke-akua.com/trackback/2309
トラックバック