Search
Calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
努力は実を結ぶ

月に1回ですが、健康とストレス解消、そして何よりフラが好きという事で伺わせていただいている生徒さん。

 

イベントに出るわけでもなく、心からフラを楽しんでられます。

教え始めてもう4年くらいになるでしょうか。

女医さんの彼女は私の家族も医者が多いことから後からどんどん知り合いが出てきて話が盛り上がります。

私が息子を出産した病院も彼女はよく知ってられてて、今日は遠い昔の出産話で盛り上がりました。

 

今日レッスンしていて、彼女のウエヘが急激にきれいに踏めるようになっていることを発見「すごい!」と思わず叫んでいました。

まず、形にこだわらないで、使うべき場所、筋肉を意識して少しずつ慣れていくようにと言う言葉をきちんと守って練習を続けてくれていました。確実に使うべき筋肉が使えるようになっている事、膝を使うのではなく、膝が前に出る原理を教えたのですが、それもしっかり受け止めてくれていたこと。それが原因でしょう。

そして、今まで練習してきていた曲も、流れるようなフラに変わりつつあることも。

フラを踊るために何が必要か。

それは格好をつけることではなく、振り付けもその形を追うのではないことを理解してくれだした結果かなと思います。

 

先日の堺クラスもステップが劇的に変わってきていることに感動したばかりでした。

もう少し次の段階にステップアップできるかなと思うくらいです。

そして、先日ハワイのミュージシャンの方に「I Love」と言っていただいたフラのパフォーマンスのやり方を少しずつ伝えていっています。皆も「I Love」と言われるように・・・と。

 

1人でも二人でも少しずつ素直に努力を積み重ねてくれているひとたちがハワイの人たちが感動してくれるようなフラを踊れるようになるようにと思います。

 

ただ、真実を追求せずに物まねをしているのではだめです。

物まねから抜け出せない人は何も難しいことをしているわけではないのですが、頭の中に勝手に偶像化したものに支配されてしまっているからでしょう。

そしてうまくいかないのを人の責任に押し付けることになってしまうのでしょう。

人から教えを乞うという事は自分の中にあるものを空っぽにしないと何も入ってきませんから。

それが出来ないと何事も実を結ばないでしょう。

 

posted by: chica | hula | 23:49 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
久しぶりのブログ

暫くぶりのブログです。

なんだかバタバタ忙しく、ブログまで手が回りませんでした。

11月には楽しい仲間と鎌倉旅行。

神奈川に住んでいた時はドライブがてらに訪れていた所です。

本当に久しぶりの鎌倉レンタカーを借りてあちこちドライブ。

江ノ電の先頭座席にも乗ることが出来ました。

ホテルも思った以上に良かったし、ストレス発散の楽しい旅行になりました。


そして昔からファンだったクィーンの映画を何度も見に行っています。

ただ、フレディがゲイの噂やエイズの話などがでてからは、なんとなく距離を置いてしまっていました。

あの当時はゲイと言わずほかの言葉で表していましたが、今ではなんの問題もないことがとんでもないことでしたから。

そしてエイズも近寄ってもいけないような感覚でいました。知識が全くなかったですから。

でも色々な知識が身に着くにつれ、そしてセクシャルマイノリティーの人たちへの理解が進むにつれ、フレディの事も理解できますし、あの当時の彼がどれほど苦しんだだろうと思う事ができます。

映画では私の知らないことも知ることができました。

最初に映画を見たときに聖書の言葉が色々頭の中に浮かんできました。

それは今まで映画を見てきた中でなかったことです。

そして、昔聞いていたより、クィーンの音楽が非常にレベルの高いものだという事も理解できます。

こうやって何年たっても愛されるのは彼らが本物であるからこそでしょう。

そしてこの映画の俳優たちのプロ意識それも素晴らしいものです。

本物こそ皆に認められるものでしょう。

12月は堺でのクリスマスパーティー、ウエスティンホテルでのクリスマスパーテイーの楽しみました。

堺では堺クラスの人たちが心を込めた準備をしてくれ、手作りのとても楽しいパーティーになりました。

ウエスティンでのパーティーはハワイから素晴らしいゲストが参加しての贅沢なメレフラパーティー。

私も4曲もソロで踊らせて頂きました。

Nahoaのイカイカさんの演奏で「Ku'u Tita」「Uhiwai」「Ku'u pua Lokelani」

そしてリムファミリィーの演奏で「The Road that Never Ends」

イカイカさんは3曲目の時に「あなたのフラがI Love」だよと素晴らしいお褒めの言葉を言ってくださいました。

そして、私は気が付かなかったのですがリムファミリィーのローナさんが演奏をしながら「ワオ!、ワオ!」と感嘆の声をあげていてくださったとか・・・


色々困難なことがありますが、ハワイのミュージシャンやクム達に認めてもらえることが私が頑張ってきたことへのご褒美だと思います。

そして、帰り際クロークに預けたコートを取りに行くと、前に並んでいた方が、「どちらで習われたのですか?」と聞いてこられました、「私はほとんどハワイにクムから学びました」とお答えする「そうでしょうね。日本で見るフラとは全く違って、ゴルフにハワイに行ったときに見るハワイの人たちのフラを同じだった」と言ってくださいました。その方はフラはなさらないそうですが、そうやってフラをやっていない人がきちんと違いを見分けてくれていることを嬉しく思いました。

メレフラパーティーに来られていたフラをされている方にも何人もの方が「素晴らしかったです。先生されてますか?」とか「そうすればあのように踊れるようになりますか?」とか聞いてこられました。

でもその方々はすでに今他の教室で習われている方のようでしたので、「ありがとうございます。」だけで詳しいお話は避けさせていただきました。ごめんなさい。

今、私のもとでフラを学んでくれている人たちが本来のフラの大切さ、それがどのようになされるべきなのか・・・など私が学んできたことを吸収し、私がハワイのミュージシャンに認めて貰えているように、皆も認めてもらえるようになればと思っています。

自然の中で踊られてきたフラ、自然に踊るのがフラ、どうすればそれができるのか・・・・今、1人ひとりがそれを少しずつできるようになってきていることが私の喜びです。

クリスマスイブの日は私の所属するカトリック仁川教会のクリスマスミサに参加しました。

この日は未信者の方も沢山教会に来られていて満員御礼状態でしたが、とても素晴らしいミサでした。





そして、私があこがれていながらきっと距離的に無理だろうなと思っていたカルヴァリア・ゼプジトフスカにもポーランドの方が連れて行って下さることになり、楽しみで仕方がありません。

カルヴァリアとはイエスキリストが十字架に掛かったエルサレムのゴルゴダの丘の事。

世界遺産になっている場所です。

今回はいくつの世界遺産の地にいけるのでしょう。

毎日が世界遺産って感じです。

もともとコルベ神父の巡礼の旅で計画を立てましたが、ヨハネ・パウロ2世にまつわる場所にも行けることになりましたし、本当に恵まれた旅になりそうです。

カソリックの国ポーランドですから、今回だけでは行ききれない巡礼の地がありますが、次への楽しみに・・・。

年が明け、堺クラスの皆さんとNちゃんからちょっと早いお誕生日プレゼントを頂きました。

ポーランド旅行中に聞いてくださいと私が持っていないクィーンのCD。

フレディが死に直面してからのCDは音楽性もさらに高くなっていますし、フレディは口に出して自分の病気への弱音は吐かなかったと聞きますが、詞の内容にフレディの心の叫びが表れていて、胸が詰まります。


英語があまり通じないポーランドへの一人旅

迷子にならないでくださいね。と心配をしてくださっている方もいますので、FBにはアップしていきますが、FBやってない方もいるのでこちらにもあげていきますね。

白銀の世界になっているポーランドの冬を一緒に楽しんでください。

毎晩行われているコンサートにも行く予定です。 楽しみに・・・。

posted by: chica | Happy・・・・ | 22:42 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
導き
教会のミサ後、教会員其々に与えられた連絡物を入れる引き出しを開けると、去年コルベ神父の足跡を訪ねてポーランドに巡礼に行かれた方からの資料が丁寧なお手紙と伴に入っていました。 そして、アウシュビッツのコルベ神父が身代わりになり餓死刑で天に召された場所の絵葉書をプレゼントしてくださいました。 なかなか情報が掴めずにいたので、本当に感謝です。 来年のポーランド巡礼は難しいかなと何度か諦め掛けましたが、全てが整えられていくのを感じ、導かれてる思いです。 来月、最後の難関ポーランド国鉄のチケットをネットで予約します。 守られますように。


教会の前のルルドもクリスマスの準備ができていました。 暗いのでマリア様は写らないかと思っていたらルルドから前に出て来てくださった様に写っていました。
posted by: chica | Happy・・・・ | 23:55 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
子供の踊る曲?

泉が丘でのイベント。

お天気も良く。日中は暖かくとても良いイベントでしたが、さすがに夕方は寒かったですね。

でも皆さん寒さに負けず、頑張って踊ってくれました。

今回デビュー戦のkeikiちゃんもまだまだ始めたばかりなのに、お姉ちゃんたちに負けず、イリイリも使えるようになり、難しいハワイ語のちゃんとも最後まで言えるようになり、'Ulili EやOli Alohaも立派に踊り切りました。

素晴らしいでデビュー戦でしたね。

グレイシャスの方々も野外のイベントは初めてのかたもいましたが、皆がんばってくれました。

楽しく過ごせて本当に素晴らしい一日でした。

Keikiのイベントもやっていたので、子供たちの参加がとても多かったですね。

皆楽しそうに踊っていましたが、何より気になったのはその選曲。

とても子供には踊らせてはいけない曲を踊らせているところがあり、びっくりしました。

「Noho Paipai」

その内容を先生が分かっていないのか、もし分かっていて踊らせたならそれこそ大問題なんだろうと思います。

ハワイの先生たちに習ったならこれは必ず子供には踊らせてはいけないという注釈が付くはず。

それは大変セクシャルな内容だからです。

大人が踊るときもパフォーマンスに使われるときは男性と女性が絡んで踊ったりする内容の曲です。

内容に問題がなくてもやはりその曲を子供が理解できるかどうか、それを考えて・・・とハワイのKUMUは言います。

大人にはとても良い内容ですが、それを子供がどこまで理解できるか、そこを考えなくてはいけません。

曲調と、格好がいいからとかそのような感覚で子供の曲を絶対に選んではだめだという事はフラの指導者なら一番気を付けなくてはいけないことです。

日本でよく子供が踊る「Ka 'Uluwehi O Ke Kai」日本語の訳は「海藻取りの歌」ですが、実は海藻は男の人。

いわゆる男あさりの歌です。

ハワイのKumuの振り付けはとてもセクシャルだったりします。

大人っぽく見せて踊らせるのはハワイのKumu達はやらないことです。

フラは何より内容を表現することが大切。

「Noho Paipai」を子供がどう表現するのでしょうか・・・・

何もわからず踊っている子供がかわいそう。ある程度の年齢になってその内容をしったらきっと恥ずかしく思う事でしょう。

posted by: chica | hula | 23:14 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
Youは何しに日本へ
かYouは何しに日本へ。
テレビ東京の番組ですね。
私も去年カナダ旅行の帰りに成田空港で腕章をつけた方を発見!


思わず記念撮影。

先日この番組で津軽三味線のプロになりたいと頑張る青年を密着していました。
4年間の早稲田大学留学中に津軽三味線のクラブに入って練習し、その魅力にはまり卒業後もプロの方に弟子入りして修行しているという事でした。

そしてその練習風景。
間違った弾き方をしてしまっている事を師匠は話されてました。
大学のクラブの動画を見ても全員がまちがえているからねー。と。
華やかにカッコ良く早く弾く事ばかりで、ゆっくりやるとボロボロ結局基本が全く出来てないという事でした。

あー、日本の伝統芸能を日本でやっていてもこれなんだ。
ましてやハワイのフラがとんでもないものになるのは仕方がないねー。

若い人、大学のクラブ、そういう人達こそ、基本を地道に練習して欲しいと思いますが、若いからね、華やかさやカッコ良さが先に出るのは仕方ないのかな。
ましてやフラの世界は、多くの指導者が出来てないから仕方ないですね。

地道な日本の伝統文化が若い人のなり手がなく、消えていくのは残念ですが、間違えた方向に進んで違ったものになるのもまた困ったものですね。

地に足をつける事の大切さをつくづく思い番組を見ていました。
posted by: chica | hula | 23:55 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
ボヘミアンラプソディー
ボヘミアンラプソディーを見に行きました。
2回目です。
素晴らしい映画で大ヒットだからパンフレットも売り切れ状態でなかなか手に入らない。
今日も映画始まる前は売り切れてましたが、終わった後ショップに空の段ボールがいっぱい置いてあったので、もしやと見てみると有りました!
私の後ろにもパンフレット求める列が出来てました。
直ぐに売り切れてしまうんだろうな、ラッキーでした。
お宝パンフレットですね。
また、見に行きたいと思ってます!

posted by: chica | Happy・・・・ | 23:50 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
久しぶり

今日は1ヶ月以上行けていなかった教会へやっと行く事が出来ました。


ミサは心に響くものでした。
帰り際、神父様にポーランドに行く事を告げ、ニエポカラノフへの行き方を伺いました。
ミサに参加されていた方の中に最近ニエポカラノフに行かれた方がいらして詳しくお聞きする事ができました。
少しずつポーランド行きの準備が整っています。


準備の段階で来年行くのは無理かな?と思う事も起こりましたが、それもクリアでき、英語がどこまで通じるか分からない国へ行く不安も取れてきています。
来年のカレンダーも頂きました。
聖フランチェスコのアッシジのカレンダー。

再来年はバチカンとアッシジに行くのが目標です。

必ず導かれると信じています。
posted by: chica | Happy・・・・ | 22:10 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
ボヘミアンラプソディ

ボヘミアンラプソディを見てきました。

伝説の人、フレディ・マーキュリーを描いたもの。

フレディ役の俳優、そして、それ以外のクィーンのメンバーも本物を見ているよう。

徹底的にフレディの動きを練習したり、まだ元気なクィーンのメンバーに楽器の手ほどきを受けたり、1年かけての習得だったようです。

何事も成し遂げるには本当に大変な努力が必要。

「途中で無理かも・・・」と思ったこともあるとインタビューで語っていました。

でも成し遂げているすばらしさ。

 

それ以上にこれほどの才能あふれた人だったのたと改めて感動しました。

 

レイトショーだったけれども映画館は結構いっぱい入っていました。

その中には私と同年代のクィーン世代の人に交じって、若い人も。

映画館の迫力の音でのクィーンの音楽に浸れた素晴らしい時間になりました。

 

偽物の多い中で、やはり本物を知る事の大切さを今回も感じながら絶対にまた見に行こうと思っています。

 

posted by: chica | Happy・・・・ | 23:54 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
鎌倉
今日から鎌倉旅行。
朝からの雨も出発時には上がり青空も


伊丹空港では空弁コーナーが。
美々卯のお弁当を購入。
飛行機の中で頂くことに。


とても美味しいお弁当でしたが、ほとんどシートベルト着用状態のひどい揺れで、大変な状態での昼食になりました。

羽田空港からはリムジンとJRを乗り継いで藤沢へ。
ホテルにチェックインして、いざ鎌倉へ!

なん年ぶりかの江ノ電の旅はのんびりゆっくり。


関東は関西より30分位早く暗くなるので17時過ぎでももう真っ暗。

でも夜の鶴岡八幡宮は幻想的でした。






段葛を歩いていてカトリック雪の下教会の前を

そしてやはり段葛から見つけたおそばやさん


気になって引き寄せられるように入りましたが、これが大正解




今までに食べた事が無いお蕎麦に感激!
今日は移動日で疲れたので早めにホテルに戻って明日に備えます。
posted by: chica | Happy・・・・ | 21:21 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
ハウオリ フラ サークル

ハウオリ フラ サークル 私がお教えしているもう一つのグループ。

阪南市の尾崎公民館で練習しているグループです。

もともと私がお教えしていたグループに新たにほかのグループの方が加わって一緒に練習しています。

皆さん楽しく一生懸命に練習してくれています。

新たに加わられたメンバーも1年ほどフラを習っていたというお話でしたが、ステップなど全く出来ていない状況で、これはどうしたものかと心配しましたが、元のメンバーが気持ちよく教えてくれたり、新たなメンバーの一生懸命さもあって、見違えるように上手になってきました。

11月23日のイベントには全員の参加は無理ですが、新たなグループが出来てから初めて一緒に踊ります。

新しいドレスも作ったので楽しみですね。

もともとのメンバーはハッピースマイルピンクリボンの大きなステージを踏みました。

新たに加わった人たちも見に来てくれていました。

先日の練習の時に「今まで習っていたのがフラだと思っていましたが、今回大きなステージを見て、違う事が分かった。」という話をしてくれました。

良いものを見ることはとても大事な事。

そして、丁寧に練習していくこと。

平均年齢が決して高くないグループですが、「Ka'a Ahi・・・」も踊ってしまいます。

丁寧な練習の成果ですね。

私もこのクラスを教えるのは楽しみです。

難しいステップは易しいステップに変えたりしながら結構難しい曲にも挑戦してもらっています。

これからも楽しみたいと思います。


posted by: chica | hula | 23:30 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |